RIZUriiのブログ🌸そして次男も浪人生の母編

4年前に長男が、そして今年次男も浪人生✐人生の貴重な時間と捉え、デリケートな浪人生をサポート 浪人生の食事事情なども… 長男の時の体験談も含め、ドタバタな母が綴ります

浪人生の母🌸~日記~146🌸

そして次男も浪人生の母

  リニューアルのお知らせ

 

 

 

f:id:RIZUrii:20210310134036j:plain

母ことRIZU

 

 

 

 

 

母こと

RIZUのブログを読んで下さっている皆様

 

 

 

 

これまで

「そして次男も浪人生の母」を読んで下さり

 

ありがとうございました‼

 

 

ブログを始めたのは

昨年7月31日

 

2021年の春には

桜が咲き

晴れ晴れとした4月を迎えられる

 

という希望を胸に

 

そして

巣立つ次男

 

母は

寂しくなるであろうと

 

何か始めたい

 

そして

この貴重な浪人の時期を残しておこうと

 

勢いでブログを始めました

 

 

 

実は始めたばかりのころ

 

次男本人には

ブログを始めた事

内緒にしておりました

 

デリケートな

浪人生を刺激してはいけないので…

 

 

 

母は

長男・次男の友達

 

それなりの人数と

LINEやFacebookが

繋がっています

 

 

このブログを

Twitter

Facebook

等と連動することにより

 

 

次男

或いは次男の友達

 

長男や

長男の友達から

知られてしまうと大変

 

 

とにかく

他との連動もせず

 

慎重に…

 

ひっそり…

 

コツコツと…

 

書いておりました

 

 

 

 

ある日

母が夜な夜な

こっそりパソコンと

ヒソヒソ何かしている…

 

 

と

察した次男に

 

『母 出会い系でもしているのでは』

 

 

と

思われたようで

 

疑いの目を向けられたことがありました

 

 

母は

その世界のこと全く存じず

出会い系が何なのかも分からないので

この単語が正しいのかも

分かりませんが

 

 

 

とにかく

何やら

如何わしい事をしているのでは

 

という

疑いが掛けられてしまいました

 

 

それ方が困る

と思い

 

ブログを始めた事を

白状しました

 

 

ところが

当の次男

 

出会い系でなければいい

 

と思ったようで

 

 

お咎めもなく

普通に

見守ってくれる側

になってくれました

 

 

 

 

 

ブログ

 

ほとんど何も分からずに

手探りで始めた母ことRIZU

 

1人ずつ読者の方が増えるにつれ

嬉しくて

 

☆も沢山いただきました

 

3桁

4桁

読者が居られる方に比べたら

決して多くはありませんが

 

ただの

1浪人生の母のブログ

 

40人を超えるなど

思ってもみませんでした

 

読んで下さった皆様には

感謝ばかりです

 

 

 

本来なら

桜咲く…

 

のご報告がしたかった

 

 

 

応援してくださった方も居られる中

 

桜つぼみ…

 

 

良いご報告にならず

すみません…

 

 

 

 

 

この

『そして次男も浪人生の母』

 

というタイトルでの

浪人体験記は

ひとまず

つぼみで終了させていただきます

 

 

 

今後の次男について

中途半端にブログを終了するのも

消化不良ですので

 

 

 

今は

はっきり決まっておりません為

書けませんが

 

お知らせできる日が来ましたら

ご報告させていただきます

 

 

 

少し

遠回りをしますが

 

きっと

次男の良さを生かせる道が

その先にあると信じて…

 

母は

応援していきます

 

 

 

 

 

今後のブログにつきましては

違った形で

書いていきたいと思っております

 

 

 

2021年 

年が明けてから

願掛けの意味も込め

毎日ブログを更新

するようにしました

 

 

ですが

思いのほか

毎日の更新はバタバタでした

 

 

 

これから母の本業

ピアノ教師として

 

夏に行われる

発表会へ向け忙しくなります

 

 

その準備が

物凄くハード

 

 

これまでのように

毎日の更新は

出来そうもありませんが

 

 これまで

浪人生との関りをメインに

書いていましたが

視点を変え

 

リニューアル

したいと思います

 

 

 

引き続き

次男の今後にも触れつつ

 

 

長男の様子

 

次男の2浪への道(不確定)

 

また

 

これまでほとんど触れる事の無かった

ピアノ教師の日常も

積極的に書いていこうと思います

 

雑記も含め

 

 

この内容で

続けていきたいと思います

 

 

そして

 

皆さんの

ブログも

拝読させていただきます

 

 

 

 

リニューアルの準備が

出来次第

再開いたします

 

 

良かったら

これからも 

覗いてみてくださいね

 

 

次男の応援をして下さった皆様

本当に

ありがとうございました

 

 

 

🎹🎹🎹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~145🌸

動き出した次男

 

 

f:id:RIZUrii:20210309123420j:plain

ありがとう赤本

 

次男

志望している大学

 

合格に至らないかもしれない

 

 

 

現在

補欠合格待ち

 

 

順位的に

厳しい

 

 

それでもまだ

補欠合格者の発表は

日を置いて

つづく

 

 

浪人母友の中には

補欠合格待ちって

体に悪いわ

 

私はさっさと諦める

 

と言った

潔いタイプもいる

 

見習いたいと

思っているが

なかなか出来ない母

 

 

 

 

第1回目の合格発表から

今日まで

 

次男は

抜け殻のようになっていた

 

 

頑張った分

疲れもある

 

母と

今後について

落ち着いて話せるようになったのは

つい2~3日前

 

 

もう大学には行かない

 

 

 

2浪はしない

 

 

しばらくは

そう言い張っていた

 

 

 

母は

次男の気持ちを優先したい

 

そう思っているが

投げやりで決める事だけは

阻止したい

 

 

 

 

 

どうしても

行きたいわけではない

私文に行ったところで

 

自分の夢には

遠い

 

 

それなら

何か資格を取る

 

 

 

そう言っていた

 

 

 

ただ

その資格というのも

明確ではないし

第1回目の合格発表後に

言い出したこと

 

 

投げやりな中での発言

 

深く考えていないように見えた

 

 

母は

少し落ち着くまで待とうと

あまり口出ししないようにしていた

 

 

そして昨日

次男自ら

赤本を束ねた

 

 

何か

吹っ切れた様子だった

 

 

 

長男の時から4年分

 

同じ大学も受験しているが

学部が違ったりしたので

 

 

赤本

かなりの量になっている

 

 

購入したモノ

友達から譲り受けたもの

リサイクル品

 

 

どれも

思い出がある

 

 

 

この赤本

 

しばらくは

母の本棚に収めておきたい

 

 

 

2人の息子達が使った教材は

赤本の他にも

それはそれは沢山ある

 

 

これらをどうするか

考えているが

 

 

少し前

フジテレビの

ワイドショー内で

 

受験で使った教材を

受験後どうする⁉

 

という話題で

盛り上がっていた

 

 

 

リサイクルショップに持って行く

メルカリなどで売る

寄付する

 

などいろいろ

 

 

そんな中

安藤優子アナの一言が

母の思いと一致した

 

 

「私はそのまま取っておく」

「自分が頑張った証だもの」

 

 

この赤本たちは

母が使ったのではなく

息子達が使ったモノ

 

 

それでも

母にとっては

息子達が頑張った証

 

 

なかなか

手放す気持ちになれそうもない

 

 

あったところで…

 

なのだが

 

 

 

赤本たちの身の振り方については

母も

時間をかけて考えたい

 

 

 

それにしても

凄い量だ

 

 

保管場所をどこにしよう

 

 

 

 

 

そして次男は

この赤本の中には無い

初めての大学を

受験する

 

つまり

2浪の覚悟を決めた

 

 

 

ただ

決定まで

もう少し時間を要する

 

 

 

自分のこれからに

関係してくる

 

 

安易に

短期間で

将来につながる決定を

しないために

 

母も

一緒に考えて行こう

 

 

 

つづく

 

 

 

📚📚📚📚📚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~144🌸

長男

1人暮らしの思い出

 

f:id:RIZUrii:20210308115001p:plain

青い芋虫

 

昨日

長男から

まさかの爆弾発言

 

 

卒業できるか

ハーフハーフ

 

 

母は

卒業できるものだと思っていた

 

 

でも

勝手に思い込んでいただけなので

驚く以外

長男に言う言葉はなかった

 

 

卒業式の服の準備

 

卒業式の日

朝家を出るか

ホテルを取ろうか考えていた

 

卒業にあたり

お世話になった方々への

内祝いの用意

 

 

記念写真を撮る為の

写真館の予約

 

 

のんびりしている母

これら全て

まだ実行していないので

それは良かった

 

 

それにしても

大学受験から始まり

最後までホント

 

ハラハラドキドキ

させてくれるわ

 

 

大学生になってからも

いろんな思い出がある

 

 

今から3年半ほど前の話になるが

長男の暮らすアパートに

訪問した時の事

 

 

長男不在中

洗濯物が干したまま

 

 

母は

取り込んだ

 

少ししたら

次男も電車に乗って

遊びに来る事になっていた

 

 

それまでの間に

洗濯物を畳んでしまおう

 

 

正座して

畳み始めた

 

半分ほど畳んだ時

洗濯物の山の中から

コロンと何かが転がった

 

 

😳

 

ナニコレ

 

 

よく見ると

恐らく

 

イモムシ

 

 

それも

恐らく

 

丸まった状態で

直径5センチ以上はありそうな

ぷっくりとした

大型

 

 

母は

もちろん苦手も苦手

 

 

声も出ない程

恐かったが

 

それよりも

 

ナニコレ

 

不思議な 色

 

綺麗なブルー

 

 

それも

透き通るような水色

 

 

 

気持ち悪いが

色は綺麗

 

 

でも無理

 

 

しばらく固った母

 

 

殺虫剤は無い

 

あったところで

振りかける残酷さも

持ち合わせていない

 

 

どうしよう

 

割り箸で挟んで

外に出そうか…

 

 

恐る恐る

割り箸で

つついてみた

 

 

 

 

すると

 

😱

 

 

角が出た

 

 

動いた

 

 

 

もうダメだ

 

全身チキンだった

 

 

 

 

何も出来なくなった母

 

 

当時

15歳の次男

 

 

そろそろ駅に着く

 

 

次男なら

何とかしてくれるはず

 

 

何かと

頼れる男子

 

 

虫ならたいてい何とかしてくれる

 

 

駅まで

次男を迎えに行った

 

 

その間

逃げてどこかに隠れてしまっても困る

 

 

でも

どうにもできない

 

 

仕方なく

無意味と思ったが

ティッシュをかぶせておいた

 

 

 

次男と

アパートに戻りながら

大まかな説明をしておいた

 

 

次男は

僕が出来るよ

 

 

やはり頼れる

 

 

と思ったが

 

 

その芋青虫

 

 

次男の想像を超えていた

 

 

次男も固まる

 

 

でも

このまま

この部屋に居てもらっても困る

 

 

次男

気合いを入れ直し

 

割り箸とビニール袋を持ち

近付く

 

 

挟む

 

 

げーっ

😱

 

 

割り箸伝って

感触がある

 

 

落としてしまった

 

2度失敗

 

 

3度目のチャレンジで

ようやく

ビニール袋へ…

 

 

そのまま

そっと

外に持って行った

 

 

スマホで

撮影しようとも思ったのだが

あまりの不気味さに

撮影する勇気も無かった

 

 

 

この話を

いろんな人に話したら

みんな興味津々

 

でも

誰も

そんなの見た事ない

 

 

と言っていた

 

 

 

それからしばらくして

テレビで

アメリカ映画の

『アリス・イン・ワンダーランド』

 

が放送された

 

 

何気なく見ていてビックリ

 

 

 

この時の

芋青虫にそっくりな

 

 

青い芋虫のキャラクター

が登場しているではないか

 

 

実在するの⁉

それとも

おとぎ話の世界のモノ⁉

 

 

 

未だに

謎のままの青芋虫

 

 

 

後日談として

 

それから数か月後

 

 

アパートに訪問し

ベッド下を掃除した時の事

 

 

乾燥した

芋青虫がいた

 

 

きっと

同じ種類のモノだと思う

 

 

あの

芋青虫はいったい何だったのだろう

 

1匹を

外へ出した

 

戻って来たとも考えにくい

 

2匹

いた事になる

 

 

ネットや図鑑で

調べればいいのかもしれないが

 

絵や写真でも

見るのも無理な母なので

調べていない

 

 

 

ここにアップした

写真も

かなり無理した…

 

 

 

そんなこんながあったが

卒業を迎える時が近い

 

 

長男よ

卒業できるのか…⁉

 

 

 ここでも

ドキドキが止まらない母

なのでした

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

🐛…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~143🌸

心配の尽きない母

 

 

f:id:RIZUrii:20210307195546j:plain

本日のスィーツ

 

 

今日は長男の

1人暮らしに必要なモノを

買いに行った

 

 

長男は

大学生になってから

いろんなことを学んだ

 

 

その1つが

お金のありがたみ

 

 

母は

仕送りを最低限に抑えていた

 

お金のありがたみを学べば

必然的に

将来の仕事を

きちんと考えると思ったからだ

 

アルバイトもするようになる

 

働くことの大変さを

学んでほしかった

 

 

母は

人生の中で

アルバイトをしたことが無い

 

今でも

憧れているモノがある

 

マクドナルドのアルバイト

 

 

母の父親は

娘に

アルバイトなど

間違ってもさせてはくれなかった

 

そして

世間知らずのまま

現在に至る…

 

 

 

母

長男と

地元での一人暮らしの準備を始め

知った事がある

 

本当に

お金を大切にしているのだ

 

 

家電は

一通りあるが

掛け布団が無い

 

 

1人暮らしが始まる時

とにかく慌ただしかったので

布団一式は

家にあるもので間に合わせた

 

ベッドなので

掛け布団だけでも

新しいモノを買おうと

母は言った

 

だいぶ疲れている

現在の掛け布団

 

 

最近

羽毛布団が

お手頃価格になっていたので

買いに行こう

 

と思っていたら

 

 

いいよ

このままで

 

 

あるもので充分

 

 

と長男

 

 

 

 

そして

炊飯器

 

 

これがまた酷い

 

 

母が使っていた小さいモノを

1人暮らし用に持たせ

使っていた

 

古い

 

そして長男は

きちんと

メンテナンスをしていなかった

 

なので

汚い

 

 

炊飯器は

新しいモノを買おう

 

と勧めたが

これも

 

あるものでいいよ

 

 

とにかく

1人暮らしをして

モノを大切にするようになった

 

 

 

 

それでも母は

炊飯器を2度3度

蓋を開けては考えた

 

 

やはり

これは買い換えよう

 

内釜の塗装が

剝げ始めている

 

体にも悪い

 

 

長男を連れ

家電屋さんへ行った

 

 

昨日

次男と家電屋さんへ行った時

気になった炊飯器がある

 

 

アイリスオーヤマ

のモノだったか

 

 

5合程度しか炊けないが

蒸し器が付いている

 

母は

この蒸し器

が気に入った

 

 

お値段も

6000円~7000円程だったと思う

 

とてもお手頃価格

 

 

 

 

男の一人暮らし

 

お野菜も

不足しがちになるであろう

 

炊飯器で

お野菜が蒸せれば

ホットサラダが簡単にできる

 

 

結果

炊飯器を新しく購入し

引っ越しの準備は

ほぼ終了した

 

 

そんなお買い物途中

何気に長男が言った

 

 

 

これから

成績発表がある

 

それまでは

落ち着かない

 

(。´・ω・)ん?

 

 

それで

卒業できるかが決まる

 

 

(´・ω`・)エッ?

 

 

出来なかったらどうなるの⁉

と母

 

 

留年

と長男

 

(´・ω`・)エッ?

 

 

就職は⁉

と母

 

 

内定取り消し

と長男

 

 

 

 

(;'∀')

 

 

 

まだまだ

気が休まらない母なのでした

 

今夜は

ケーキを食べたい気分だ

 

 

つづく

 

 

💼💼💼💼💼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~142🌸

母も

気分転換

 

f:id:RIZUrii:20210306210315j:plain

ネスプレッソのカプセル

 

次男の気持ちが

落ち着き始め

方向性も見えてきた

 

 

進路が

ハッキリしましたら

また

こちらにも書きたいと思います

 

 

 

 

次男の

浪人中から結果まで

それはそれは気を遣う

 

 

母

疲れがどっと出てきた

 

 

そんな先週

次男と家電屋さんへ出かけ

 

そこで見かけた

 

『ネスプレッソマシン』

 

 

入試前泊ホテルの一つで

同系のモノが置いてあり

そこで使ってみて

気になっていた

 

 

家電屋さんに居た販売員さんから

話を聞き

1週間経過

 

 

 

次男のパソコン購入の為

家電屋さんへ行った今日

 

 

再度

販売員さんにいろいろ質問

してみた

 

 

見た感じが

 シンプル

 

使い方を聞いた

 

 とてもシンプル

 

メンテナンスを聞いた

 

 とてもシンプル

 

試飲させてもらう

 

 美味しい

 

 

そして

お値引き率が高かった

 

 

それも

いつまでこのお値段かは

販売員さんには分からないが

 

このお値段は

なかなか見ない

 

との事

 

 

 

最近

エスプレッソを好むようになり

エスプレッソマシンが欲しい

と思っていた

 

 

 

もっと

お高いイメージだったが

そうでもなかったので

 

 

1週間考えて

やはり購入することにした

 

 

本当は別売りの

ミルクスチーマーも

一緒に欲しかったのだが

品切れだった為

諦めた

 

何か

代用品を買おう

 

f:id:RIZUrii:20210306215947j:plain

ネスプレッソミニ

 

 

ひとつ

気になっていたのは

エコ

 

 

カプセルが

ゴミと化すこと

 

 

購入後

箱の中に入っていた

案内冊子の最後に

 

カプセルのリサイクルについて

触れられていた

 

 

f:id:RIZUrii:20210306221756j:plain

コーヒーカプセルのリサイクル

 

 

期待したい

 

 

母もこれで

気分転換をしよう

 

 

つづく

 

 

 

☕☕☕☕☕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~141🌸

1人暮らしの物件

 

 

 

 

f:id:RIZUrii:20210305171446j:plain

長男が暮らした部屋

 

  

長男の

大学進学が決まった時

大変だった事の一つが

住処

 

 

先ずは

ネット検索から始めた

 

 

 

長男の希望は

 

大学から近い

 

 

これが

絶対条件だった

 

 

住所

と

家賃

などの条件を入れ

検索

 

 

沢山出てきた

 

 

でも

築がかなり古いモノも出てくる

 

 

とりあえず 

築10年以内

 

に絞ってみたら

急に減った

 

 

条件の一つが

バス・トイレ別

 

 

この条件を

追加してもしなくても

あまり変わらない

 

 

というのも

新しい物件のほとんどが

 

バス・トイレ別

 

 

 

 

お家賃相場は

思っていたほど

高くはなかった

 

 

 

長男の友達が

一足先に

同じ大学に進学していたため

その辺の情報は知っていた

 

 

 

ネットで

良さそうな物件に目星を付け

電話で問い合わせた

 

 

 

目星既に完売

 

 

 

かなりの量を調べたが

条件に合う物件に空きが

ほとんど無かった

 

 

 

 

そして

土地勘が無い母

 

どの程度

大学に近いのか

 

よく分からない

 

 

合格発表のあった週末

現地に行ってみることにした

 

 

 

それまでの間も

物件探しを続けた

 

 

その中で

いくつかの物件をピックアップし

問い合わせた

 

 

 

  ネットにはあげていない物件も

  多数ございます

 

 1度弊社にいらっしゃいませんか

 

という

仲介業者に辿り着いた

 

 

週末

長男を連れ弊社へ…

 

 

そこで

3軒の物件を紹介された

 

弊社の男性社員さんと

現地に向かう

 

 

1軒目

 

予算ぴったりのお家賃

だが

あまり綺麗ではなかった

 

 

2軒目

 

ここが1番良さそうだった

 

が

 

現在入居中の為

内覧が出来ない

 

空くのが数週間先

 

中を見ずに決める不安が

払拭できず

 

 

3軒目

 

ネットに載っていた物件

 

狭いのでお勧めできない

 

との事

 

何故か

内覧も出来なかった

 

この物件だけは

未だに

謎のまま

 

 

 

この日は

要検討

 

 

 もし

 希望されるなら

 早めにお電話下さい

 

だった

 

 

そして同じ日

 

もう1軒の

仲介業者と約束をしていた

 

 

こちらは

先ほどの業者より

対応が良かった

 

 

何故かというと

先の弊社は

自力で弊社まで来てほしい

 

実費で公共交通機関を利用し

全て徒歩で物件を見に行った

 

弊社から

物件のある大学近くまで

結構な距離だった

 

その為

大変疲れた

 

 

それに比べもう一軒の

仲介業者Bは

 

 

大学寄り駅に

車で迎えに来てくれた

 

 

そこでは

3軒内覧

 

1軒目は

 

綺麗だったが

予算大幅オーバーに加え

大学から遠かった

 

 

2軒目は

 

古い

場所もいま一つ

 

 

3軒目は

 

古くて

何となく

恐い空気が漂っていた

 

 

 

この時

仲介業者Bさんが

教えてくれた情報に

焦りを覚えた

 

 

早い人は

昨年の内に

合否関係なく

既に

部屋を押さえている

 

そして

 

理系の合格発表が

一足早かった為

 

そこで

一気に

良い物件が押さえられてしまった

 

との事

 

まったくもって

出遅れ感

半端ない

 

ジタバタしても

仕方がない

 

無いモノは無い

 

 

こちらも

お願いする時は

お電話します

 

とお伝えし

その日は帰宅

 

 

 

 

 他にも

仲介業者Bさんが

教えてくれた情報

 

 

ネットにあがっているモノは

ツリもある…

 

 

 

なるほど…

納得

 

 

 

更に

情報を頂いた

 

ゴールデンウイーク辺り

 

サラリーマンなどの異動で

引っ越しがある

 

そこまで待てれば

空も出てくる

 

 

とても

フレンドリーな

仲介業者Bさんだった

 

 

 

貴重な情報

 

 

 

最悪それまでは

家から通おう

 

通えなくもない距離

 

そんな事も

考えた

 

 

 

それでも

もう少し探してみようと

 

母のスケジュールが空く

更に1週間先

 

 

大学近くの仲介業者さんに

アポなしで

行ってみる事に

 

 

実は母

ここまで

のんびりしていたのには

理由があった

 

 

その理由は

 

一足先

現役合格組の母友に

 

アパート

急がないと用物件無くならないか

聞いてみた

 

すると

遅くても迷うほどあったわよ

 

と教えられた

 

 

なので

この時までは

全く焦りは無かったのだ

 

 

ところが

そこには

大きな落とし穴が…

 

その母友ご子息とは

大学が違う

 

 

そして

母友ご子息

 

大学から

徒歩圏内アパートではない

 

 

詰めが甘すぎた

 

 

 

そんな母なので

大学入学式

1か月前になって

急に焦る事となったのだ

 

 

 

 

アポなしで入った

仲介業者Cさん

 

 

親切だった

 

条件を伝えた

 

 

ん-

なかなか厳しいですね

 

 

やはり

物件自体が

少なくなっていた

 

 

条件を変えてみましょう

 

それでも

ヒットしない

 

 

仲介業者Cさんの話では

 

 

この時期

とにかく大勢の新入生が

 

物件を探す

↓

決める

 

 

この作業が

物凄く忙しいとの事

 

 

なので

ネットにあげている情報の

更新さえも

忙しすぎて

追いつかないそうだ

 

 

 

やはり

時期をずらそう

 

そう思い始めながらも

 

例えば

バス・トイレ別でなくてもいい

 

 

それなら有りますか

 

と

母は聞いてみた

 

 

そうですねー

最近は

ほとんど

バス・トイレ別なので

たぶん同じかと…

 

 

とりあえず

調べてみましょうか⁉

 

 

 

すると

 

なんと

そこでヒットしたのだ

 

 

仲介業者Cさんも

驚いていた

 

 

 

しかも

築かなり浅い

 

更に

お家賃が

予算より低いのだ

 

 

事故物件ではない

 

 

 

理由がある

 

若干狭い

 

そして

以前はお家賃

これより10,000円高い設定だった

 

が

狭い

バス・トイレ一緒

 

では家賃の割に合わないと

 

借り手がなかなか居なかった

 

 

その為家主が

家賃を大幅に下げたモノだった

 

 

下げ過ぎじゃないの⁉

とも思ったが…

 

 

写真を見せてもらった

 

とても素敵だった

 

 

狭さは

もう気にならなくなっていた

 

ただ

今は

まだ学生が入っているので

内覧は出来ない

 

 

外観だけ見に行った

 

 

とても良かった

 

 

これを悩んで

持ち帰り検討

にしてしまったら

 

恐らく

直ぐに押さえられてしまうかもしれない

 

との事で

即決した

 

 

 

1階にあった

案内窓口から

2階の

契約窓口に行ってください

 

と

外階段の場所を教えられた

 

 

ここじゃないの⁉

 

言われた通りに

外階段へ行く

 

 

知らない土地の

知らない仲介業者

 

不安である

 

恐る恐る

2階のドアを開ける

 

 

1階から

連絡が入っていた

 

 

どうぞこちらへ

おかけください

 

 

1階の方々とは

少し雰囲気の違う

 

笑顔少な目

やり手系女子社員

 

が対応してくれた

 

 

大丈夫だろうか…

 

 

言われるがまま

椅子に座る

 

 

「社長…」

 

 

やり手系女子社員が

奥に

声をかけた

 

 

社長って…

 

緊張が走った

 

 

「はい」

 

 

奥から出てきたのは

 

 

見た目

ハードボイルド系の

THEボス

 

 

 

えっ

 

 

緊張は

ピークに達した

 

 

逃げた方がいい⁉

 

 

一瞬だが身構え

バッグを握り占めた

 

 

「いらっしゃいませー」

「ご契約ですねー」

 

 

拍子抜けするほど

柔らかいトーンの声と話し方

 

 

優しい

ハードボイルドだった

 

 

説明も丁寧で

冗談も言う

 

 

心配どころか

信頼できる仲介業者さんだった

 

 

ビクビクして

疑って

すみません…

 

そして

無事

アパートが決まった

 

 

 

引っ越しの日

初めて中を見た

 

 

こじんまりとしているが

とても良い物件だった

 

 

そこで長男は

2年間を過ごした

 

 

 

次男

大学に行く事になったら

大急ぎで

物件探しに走らなければ

 

 

出遅れ組

場所によっては

物件数残り僅か

 

それは

覚悟しなければ

 

 

 

つづく

 

 

🏠🏠🏠🏠🏠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人生の母🌸~日記~140🌸

長男の引っ越し

 と

次男の第2志望

 

f:id:RIZUrii:20210304210951j:plain

ランチの前菜

 

次男の

第2志望の

合格発表があった

 

 

合格には

至らなかった

 

 

ここで

 

第1,第2志望以外の

大学に進学する

 

または

 

2浪

 

或いは

 

大学へは行かない

 

それを

きちんと

話し合わなければ

 

 

次男も

ショックを隠し切れない

 

それでも

次を考えなければ

 

期限というものがある為

いつまでも

中途半端に保留できない

 

 

先を見よう

 

 

 

そんな中だが

今日

長男と母で

出かける用事があった

 


長男の配属先が決まった


地元に配属となった

 


母は
口には出さないが
とても嬉しかった


大学入学を機に家を出て
一人暮らし

 

就職も


都内

または

遠い場所

 

きっと

なかなか会えなくなる

 

そう思っていた

 

 

大学が決まってからは

寂しくて

毎日泣いていた母

 

 

そんな時

よく次男に

 

『あの…すみません…まだ僕が居ますけど』

 

 

そう言われ

少し笑った

 

 


まさかの帰郷


本人の希望を
受け入れてもらえた形だ

 

 


それでも
一人暮らしはしたいそうで
アパートを決めた

 

会社の近くに

住みたいとの事

 


嬉しいような
寂しいような

 


でも母

苦手な
早起きをしなくていいので
そこは楽

 


そのアパートに
母
今日
初めて入った

 

 

駅近


立地が良い分
お値段の割に狭い


仕方ないか


家電など
一人暮らしの時に使っていたモノが
ほぼそのまま使えるので


買い足すモノは少ない


アパートを見た帰り

長男と
ランチをした

 


次男と逆で

就活などで痩せた長男

 


お腹いっぱい食べなさい

と
前菜からデザートまでのセットを
頼んだ


母は
食べきらないかも…


と思って
シンプルなセットにしようと思ったが

 

たった
200円弱プラスするだけで
前菜とデザートが付く

ので


長男と同じセットにした

 

 

 

二日前

長男は次男と2人きりで
話をしてくれた


その時の話が聞きたかった

 

 

長男は

過酷な

就職活動を経験している

 

 

そんな話から


次男は

2浪して
その先にある就職活動は

 

自分よりも

つらいものになるかもしれない

と言った

 


長男の言葉には
説得力がある



それを見据えての

進路決定を

した方がいいという

 

 

次男は

幾分

投げやりになっていたとの事

 

 

そして

今日の結果

 

母として

どう気持ちを汲むべきか

 

この1週間で

進路をはっきりしなければ

 


きっと
次男が進むべき道が
あるはず

 

 

 

 

つづく

 

 

🍴🍴🍴🍴🍴

 

 

script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.1.0/jquery.min.js">